ブログ

ピアノ除菌方法どうしていますか?コロナ対策色々考えてみた。

ピアノの鍵盤除菌方法

こんにちは。

コロナ対策でピアノ除菌方法どうしていますか?

個人のピアノ教室も感染のリスクはありますよね。

「指」を使って奏でる楽器ピアノ

目をこすったり、くしゃみをした手で鍵盤を触れば、同じ時間帯にいなくても

同じ鍵盤を触るのですから感染のリスクがあると思うとこわいです。

まだまだ続くコロナの感染リスクを減らすために、気を引き締めてもう1度考えてみませんか?

音楽を楽しみたくて来ている生徒さんのためにも、できるだけ安心な場所を提供できるようにするのが先生としての務めですよね

ピアノの除菌方法いろいろと探してみた結果

アルコール、エタノール、塩素系などでピアノの鍵盤を拭くのは絶対だめ

しおり先生
しおり先生
鍵盤にヒビが入ってしまうんだって…

繊細で大切な鍵盤を傷つけないように慎重に行動しなくては…

で、何が良いかなというと、

水の激落ちくん

昔、知り合いのピアノの先生が調律師さんに教えてもらったそうで、水の激落ちくんは鍵盤に使ってもOKとのこと。

コロナに有効かは、、正解がわからないですが、、、。

それでも、除菌ができて、成分が水なことも安心…かな。

もちろん鍵盤に直接スプレーなどせず、布になじませてから拭いています。

 

他にも、こんなピアノの鍵盤お手入れグッズで拭くのも安心かと。

キークリン。一時品薄状態になっていたみたいです。こちらも除菌効果があるそうで、ピアノの鍵盤専用のクリーナーなのでより安心ですね。

 

こまめに弾いたら拭き取り、弾いたら拭き取りを徹底してレッスンをしていきます

ピアノの鍵盤の除菌だけでなく他の事も気をつける

子どもの手洗い

講師が気をつけていること

ピアノだけが触れる場所でないので、他もしっかり除菌したいですね。

しおり先生
しおり先生
他にも気をつけていること
  • ドアはできるだけ、先生が開け閉め
  • ドアノブ触ったら拭き取り
  • 洗面所のタオルはこまめに変える
  • レッスン毎に窓を開けて換気
  • 夏は扇風機をまわして換気
  • 秋冬は、加湿器をつけて乾燥させない
  • 空気清浄機1年中稼働
  • マスク着用

 

鍵盤以外は、サライウォーターでスプレーシュッとして拭き取りしています。

一時期、話題になっていた次亜塩素酸水。

コロナに有効かはもう何が正解なのかわからない状態だけど、除菌ができるということで採用。

消臭に関しては間違いなく優秀!不思議と消える。

ピアノまわりの除菌もこまめにしていきたいですね。

生徒さんに気をつけてもらっていること

  • マイハンカチの持参のお願い
  • 筆記用具の持参のお願い
  • マスク着用
  • 体調が悪い時は無理しないで休む
  • 教室に来たら手洗い
  • 帰る時も手洗い

 

みんなに協力して頂きありがたいです!

安心な空間はみんなで作っていきましょう。

コロナ対策でピアノ教室が取り組んでいくこと

大人の手の除菌

音楽を学ぶことを諦めないために、ピアノ教室は、色々な選択肢を考えていかないといけないな、と思います。

対面レッスン

対面レッスンはしっかりとピアノの除菌、ピアノまわりの除菌。

そしてマスク着用や、手洗いなど徹底して対面だからこそできるピアノレッスンをしていきたいですね!

オンラインレッスン(非対面)

ZOOMや、LINE電話でのオンラインレッスンも当音楽教室ではレッスン形態の選択肢の一つになりました。

オンラインレッスンだからできる、レッスンの楽しさもあるのでますますより良くしていきたいですね。

メールレッスン(動画添削レッスン)(非対面)

自宅で、曲を弾いている姿を動画に撮り、講師に送って頂きます。

その動画に対して、講師が動画やメッセージでの返信をするという形のレッスン形態です。

最初どうなのかな、、、と思いましたが、意外に好評。

なんどでも見返せるので良いみたいです。

メールレッスンも当教室のレッスン形態の選択肢の一つとなりました。

しおり先生
しおり先生
対面レッスンの場合はしっかり除菌、対策をしていき安心なレッスン空間を提供します!